カテゴリー別アーカイブ: 競馬

「春眠不覚暁」と言いますが…

孟浩然が読んだ詩「春暁」

春眠不覚暁
処々聞啼鳥
夜来風雨声
花落知多少

詩の意味そのものをストレートに解釈すると…

春の眠りはめちゃ気持ちよくて、ついつい寝すごしちまった
鳥の鳴き声が聞こえて、やっとこさ朝だと気づいたよ
昨夜は風がやけに強く、雨も降ったみたいだけど
花もちょっち散ってしまったかもなぁ…

こんな感じ?
まぁかなり適当だけど…

今日は、午前中からD校の講師ミーティングがあったので、そこそこ早めに起きたんだけど、寝たのが明け方の四時過ぎだったので、終了して帰宅してから睡魔に襲われてしまって、夕方の犬散歩前に少し寝ておこうとベッドにぶっ倒れたら、そのまま勢いで7時くらいまで寝てしまいました。

こんなケースで「春眠不覚暁」って使うのは、明らかに間違ってる(;´∀`)。。。

…なんだけど、つい「春は眠いよね」という時に使ってしまってるなぁと思って…。

先日も書いたけど、今ちょっと忙しくなってきているので、授業もスタートするこの時期に、生活ペースを春休みモードから平常モードに切り替えなければ…と痛切に感じてしまいました。
ちゃんと朝起きて夜寝るという生活を守らなければ…とね。

でも、春はちょっと苦手なんですよね。何と言っても、「花粉症」であることが辛くてね…。

花粉症に発症したのは、おそらく1988年の春。東京競馬場に弥生賞を見に行った時でした。
確か本馬場で観戦しようとした時に、なぜかひどいくしゃみと鼻水に襲われてしまってました。その時はてっきり風邪でもひいたのかと思ってました。
でも、熱が出たわけでもなく、屋内に入るとそうでもなかったので、何なんだろうと思ってました。
その後、外に出たら必ず同じような症状が出るようになったので、後で「花粉症」だと気づいたというわけです。おそらく山の方から府中にまで飛散していたスギ花粉を浴びて、リミット突破して発症してしまったのかも…。

自分の花粉症は、どうやら今のところはスギ花粉のみなので、春の飛散期さえ過ぎればなんとかなるんですが、兎に角この時期は結構キツイです。

屋外での花見も、マスクを取らなければいけない飲み食いはさすがにきつくて辛いので、本当にただ花を眺めたり写真取ったりの花見だけになってしまいますね(^_^;)。

4月3日の夜の犬散歩の時に撮った、近くのお寺の枝垂桜です。

iPhone6sPlus

iPhone6sPlus

(この日のメモ)日本ダービー上位は皐月賞組独占

…という話題を書こうかな、と思ったけど、ダービーといえば一番思い起こされるのは、アイネスフウジンが優勝した第57回日本ダービー…

19万6517人の「中野コール」の起こったあの競馬場に自分もいました。

馬券取ったかどうかは覚えていません。ともかくアイネスフウジン&中野騎手の見事な逃げにしびれていました。
自然発生的に起こった「中野コール」。これが騎手名をコールして称えた最初のレースかもしれません。

久しく競馬場には行っていませんが、生で見るサラブレッドの美しさとたくましさ、レースでターフを蹴る地響きの迫力…あれは現場でないと味わえません。
あの場の空気を味わ痛くて、馬券も買わずに一日パドックと本場場を行ったり来たりしていたこともありました。久々に見に行きたいという気持ちはありますが、G1レースだとかなり人出も多くて疲れるので、ちょっと今は辛いかな。競馬場の雰囲気をたっぷり味わうためには結構体力必要だからなぁ…。取り敢えず、馬事公苑まだ行ったこと無いので、近いうちに是非とも行きたいです。

(この日のメモ)穴埋め中~(;´∀`)

ちょっと慌ただしく日々が流れてしまい、「毎日更新」が滞っています。
でも「毎日何かを埋める」ために、あとから「穴埋め」しています。
でもさすがに溜まり過ぎるとキツイですね。

日曜日、オークスがありました。
シンハライトがすごい脚で差してG1制覇となりましたが、騎乗の池添騎手はデンコウアンジュの進路妨害で騎乗停止。ちょっと後味が悪い結果です。確かにシンハライト強かったけど…

そうそう、気になった馬といえば、オークスに出走していた「ロッテンマイヤー」さんwww。
母が「アーデルハイト」で母の母は「ビワハイジ」なんですよね。
ついつぶやいてしまいました(^_^;)。


残念ながらレースでは13着と惨敗となりましたが、まだキャリアの浅い馬なので、秋にちょっと注目してみようかな。

そして、来週日曜はダービーです。う~ん楽しみ(*´ω`*)

(今日のメモ)桜花賞~

仕事しながら桜花賞見ます。

予想段階では「メジャーエンブレム」「ジュエラー」「シンハライト」の人気三頭の中から勝ち馬は出るだろうな、というごく普通の本命予想。
普通に考えると「メジャーエンブレム」が突き抜けてるかな、と思ったけど、自分の本命視は、シンザン記念で牡馬と僅差のレースをし「ジュエラー」でした。パドックでの様子がすごく良くてその感触はますます強まりました。


レース直前の自分の予想は…

◎ジュエラー
○シンハライト
▲メジャーエンブレム
△レッドアヴァンセ
△ブランボヌール
△ビービーバーレル

アットザシーサイドも気になったんだけど、予想絞るとなると切るかな…と思って切ったら…三着に来ちゃいました(^_^;)。

第76回桜花賞

負けたとは言えやはりメジャーエンブレムは強いと思うし、桜花賞馬となったジュエラーも二着のシンハライトも強い。順調に行けばオークスでも活躍しそうです。

そういえば、昔競馬マンガ描いたりしていた頃は、もっとみっちり研究していましたが、最近は大きなレースがあるときに予想して観戦する程度です。
すごく好きになった馬の一頭、サクラスターオーが皐月賞以来の休養で菊花賞に出るので、それを観るために京都まで行ったこともありました。
ちなみに今でも一番好きだった馬はそのサクラスターオー。ついでタマモクロス。ホクトヘリオスも好きだったなぁ。

やたらと古い話でスミマセンねぇ(^_^;)。。。。

【休】ダービー横目にお手伝い

月曜には前半64ページ分の入稿が待っているので、ダービーも横目で見ながらお手伝いです。

それにしても、ドゥラメンテ強かった。
今日は正攻法の横綱相撲。直線向いてからの加速が他の馬と違ってました。タイムもダービーレコードと文句なしの結果。ドゥラメンテの今後にますます期待が持てそうです。

陣営曰く、秋には凱旋門賞に挑戦するらしいけど、既にイギリスのブックメーカーでは二番人気だそうな…。さすがに気が早すぎじゃないの(^_^;)。

個人的には菊花賞で三冠目指して欲しいなぁって思うけど、社台は最初から世界を視野に入れて居たんだろうなぁ。凱旋門賞を目指すとなれば、前哨戦のフォア賞・ニエル賞・ヴェルメイユ賞のいずれかに出てからでしょうか?どういう戦略で来るかも興味深い所です。

 

なんとか新刊出せるかも知れない?(^_^;)。。。

有馬記念はジェンティルドンナが見事に引退の花道を飾りました。強いね~彼女は。
ちなみに自分はジャスタウェイ・トゥザワールド・ゴールドシップ・フェノーメノ・ウインバリアシオン推しでした(^_^;)

さて、問題のコミケ用の原稿ですが、有馬とフィギュア見ながらカキカキしてなんとなくめどが立ってきました。まぁページ的にはほんのちょっとですができるだけ密度濃く描いておこうかなと思っています。今晩中にはめどが立つんじゃないかなと。

Windows7 Snipping Tool

Windows7 Snipping Tool

こんな感じの原稿描いています。着物は模様描く時間がないのでトーンです。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

コピー誌「ABC LIVING WINTER ひめはじめ」。8ページ前後で200円ってところかな?
まだ未定ですけど。

引き続き原稿描きます。はい。

 

11月終わっちゃう…

…というわけで、11月最終日、ジャパンカップだったりしましたが、予想はハズレ。

ジャパンカップといえば、ホーリックスとオグリキャップがシバ2400メートルノ当時の世界レコードを叩きだした直線の攻防を思い出します。
アシゲスキーの自分ですが、タマモクロス派だったので、ペイザバトラーの二着になったレースの悔しさとか思い出してしまいますが、レースの印象としては2分22秒2の衝撃のほうがでかかったかな。

最近はもっぱら予想して見るだけというスタイルですが、よく馬券買ってた頃でも、JCは相性が悪いのか、あまり的中した記憶がありません。今年も菊花賞馬エピファネイアを軽視してしまった自分が情けないw。

そういえば昔、競馬好きが嵩じて、ダビスタ本で連載したり、競馬ゴールドという雑誌で連載してたりしました。好きな馬、思い入れのある馬の話を中心にしてたような気がします(^_^;)。今なら別の切り口で描いたかもしれません。

12月末には有馬記念。秋天の勝ちが気持ちよかったスピルバーグ、JCでもフロックでないことを所為鳥梅してくれたので期待したいけど、東京競馬場以外での勝ちがないのが少し気になってます。

その前に、コミケが有ることを忘れてはいけないというわけでしてwww