「テレホンカード」…懐かしいなぁ(゚´ω`゚)

3日のツイートになりますが、世代間ギャップを感じる話題(;´Д`)。

「テレカ」…そうか、そういえば携帯が普及する前は、外で電話をかける時には「公衆電話」を使うのがあたり前だったなぁ…と。

「テレホンカード」はレアなデザインのものだとプレミア価格が付くコレクターズアイテムでした。 大体50度数(500円分)の公衆電話料金のものが主流で当然NTTも販売していまいたが、一時期販促グッズとしての懸賞品やプレゼント品として様々な企業が配布していました。

件のtogetterにまとめられていた経緯も、2002年出版のコミックに載っていた金色のガッシュの「テレカ」でしたが、マンガやアニメのテレカというのはまさに販促グッズとしてはすごく一般的なものでした。

かく言う私も、出版社さんに結構作っていただきました(^^ゞ


ぱっと見つかった上のツイートのものは、双葉社さんが作ってくださったテレカです。
結構たくさんもらっているんですが、携帯を常時持っている今となっては使う機会はなさそうです。
そういえば、電話料金の支払いにも使えるんだっけな…昔窓口で支払いに充当した記憶があります。
調べてみたら、今でも未使用のテレカは通話料に充当できるみたいですが、窓口では対応していないのでしょうか?サイトには現物を送らなければならない様な記述になっていました。
手元に残らないんじゃなぁ…。一応自分の絵が使われているから躊躇してしまいます。

今市場ではどうなっているんだろう、と思ってヤフオクで「テレホンカード」で検索してみたら、、あまり値段が付いていませんね(^_^;)。
どうやら、もうプレミア価格が付くようなコレクターズアイテムじゃないようです。(物によっては付くものがあるのかもしれませんが…)

取り敢えず、自分の奴は通話料に充当することが出来る程度の価値しかなさそうwww。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>