小笠原伯爵邸内覧に行ってきました

早朝に無事に一つの仕事を終えて就寝…昼くらいにのそのそと起きるかな、って思ったら、ヤマトさんに叩き起こされました(^_^;)。注文していた本が届いたのでした。



「世界のすごい室内装飾」は書店で見つけていつか買おうと思っていた本です。

表紙の写真はモントリオールのノートルダム聖堂。
世界各国の豪奢な宮殿・寺院・聖堂・教会などの写真が盛り沢山です。

全体的に宗教施設が多いですね。住居や邸宅の類で凄まじく華美な室内装飾に彩られているものは、実際にはそれほど多くはないのかもしれません。
「これ描いて」と言われたら逃げ出したくなります(^_^;)。
ちなみに価格は1900円+税。本文144ページあります。


こちらはhontoの「建築」のベストセラーに入ってて、つい釣られて買ってしまった本です。

買って大正解でした。国内のおなじみの名建築てんこ盛りで垂涎ものです。表紙は迎賓館赤坂離宮の朝日の間です。
いわゆる「洋館」や「官庁」「銀行」などが多いですが、それだけではなく、奈良ホテルや道後温泉本館などの和建築も載っています。

写真図版が多く載っています。
本文総ページ数176ページで価格は1800円+税。この図版の量から見ると、結構お安いほうだと思います。結構オススメです。

この本が届いてまた布団に潜り込んだんだけど、結局昼ちょっと前まで寝てました。

今日目的地は「小笠原伯爵邸」です。
月に一回ほど開催されている「開放日」で、ランチタイムとディナーの間の時間を使っての公開です。

現場は「若松河田駅」の直ぐ側。新宿区河田町です。
入場時間はPM3:30~5:00という結構限られた時間無のみとなっています。

所沢からは副都心線で東池袋乗り換え、若松河田まで。トータルで一時間もかからないアクセスです。
しかも[若松河田駅」の直ぐ側どころか裏でした。これには((@_@;)

さて現地に到着。IMGP5163

予想ではもう少し大きいのかなと思っていましたが、実際は結構こじんまりとしているな…との印象でした。IMGP5166さて、では室内の写真を…と行きたいところですが、睡眠不足で眠いので、今日は「行ったよ」だけの報告ですみません。

何回かに分割して今日撮った写真をお見せしますね。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>