カテゴリー別アーカイブ: ホームページ

(日曜のメモ)引き続き集中作業中

(’3月8日に記載)
Microsoft Expression Web 4。(長い名前だなぁw)
デザインのページは、それほど使い勝手がいいとは言えません。ワープロと違って、ホームページのデザインはWYSIWYGだけで作れるほど簡単なもんもではないので、それぞれのブラウザで表示確認しながら微調整の作業はHTMLソースとCSSとにらめっこしながら試行錯誤ってことになります。
本業でやっている人はもっとスムーズにできているのかもしれませんが、自分は技術の進歩に追いつけていない状態なので、Webで検索しながらコードいじって実装して動作確認してまた修正…再度検索して…って感じでやることになります。
Wordpressの場合はCSSやjavascriptだけではなく、MySQLやphpの知識が欲しくなります。でも欲しい欲しいだけでは手には入らないんですよね…あたりまえだけど…。

というわけで、この日は主にダイナミックWebテンプレート(拡張子.dwtのEssential)の編集作業です。
このテンプレートさえ出来れば、後は適用したHTMLページの編集可能な箇所の編集だけで済むので、今の段階で手間はかかるのは我慢我慢です。。

(土曜日のメモ)集中作業中

(’3月8日に記載)
10日・11日と卒業式がレンチャンであるので、この週末から週明けにかけて、いろいろと作業に集中するために更新後回しとなってしましました。

一つは毎年恒例になっている、卒業作品集のまとめ作業。
昔はMacromedia Director使ってオーサリングしていましたが、Webコミックが時代になっているということもあり、Web投稿作品をHTML&CSSでまとめるという方法を取る形となりました。
Directorでのオーサリング作業は、コンテンツ画像をDirectorのキャストとして読み込んで問題がない形に修正する作業が案外大変なので、卒業制作作品のデータ提出移行の自分の作業量が尋常ではありませんでした。
その上、Directorのバージョン(ずっとMXを使っていました)が最新のOSに最適化されていない状態というのもいろいろと影響して、あまり思わしい形のものが作れなくなってしまったというのもあります。個人的にはDirectorはかなり好きなソフトウエアなので、出来れば継続的に開発を続けてほしいんですが、数年前に久々にリリースされたAdobe Director12はiOSアプリにパブリッシュする機能が有るとはいえ、その後一向にマイナーアップデートさえされない状況なので、当然iOSのバージョンが進むのに対応しきれなくなっている状態なのは否めないでしょう。
さらには、オペレートする上で頻繁に行う作業過程で発生する致命的なクラッシュ現象は解消されていない様な状態…。おそらく自然に終息する運命のアプリケーションなんでしょうね…。

…で話は戻って、今はHTML&CSSでページを組んでいます。
自分でスクリプト組むまでの余裕はないので、今回は「lightbox PLUS」と「mangaviewer」と「bxSlider」を使用しました。
一般的な画像ビュワーはいろいろな機能を持ったものが有るんですが、漫画専用のビュワーってなかなかありません。Adobe Flashを使った物はいくつかありましたが、あれほど一世を風靡したFlashもいまや徐々に敬遠されるようになってきました。
故スティーブ・ジョブズがFlashをdisってHTML5を推奨したころアタリがスタートだったでしょうか…頻発するセキュリティホールの問題や相変わらずの不安定さなどの影響もあって、Flashを敢えて選択する必要も少なくなってきました。
スマホ全盛の時代に、iOS対応のサイトを作る時にはFlashは使わないというのは大前提でしょうね。

このサイトや有楽舎工房のサイトはWordpressを使っていますが、埋込みでFlashコンテンツはつかってはいますが、主なメディアとしては使っていません。自分の持っているFlashのバージョンはめちゃくちゃ古いので使いものにならない…というかPowerPC時代のやつで止まっているのです…実は…(^_^;)。
過去に何度かWindows版のFlashを買おうかどうか迷ったことがありましたが、結局買わず仕舞いです。常に最新のほぼすべてのAdobeアプリが使えるCCの契約でもすれば使えるんだろうけど…イラレは最新の使いたいなぁ…フォトショはCS5でも十分だけど…。

20160305-01以前少し書いたネタの続きになりますが、ホームページビルダーを使わずにMicrosoft Expression Web 4を使うことにしました。ちょっとクセがあるといえばあるけど、わりと使いやすいです。

ダイナミックWebテンプレート…便利です。
似たようなものは当然DreamweaverやGoLiveにもありましたが、Expressionの機能が割と肌にあっているかも知れません。

まぁこれも開発は終了している様なので、時代が進んでHTMLの仕様がどんどん変わっていけばついていけなくなってしまうのはわかりきっているんですが、今のところ欲しい機能さえあればOKなので、いまのところはこれでやっていこうと思います。

WordPressかhpbかExpressionWebか(^_^;)

このサイトと有楽舎工房のサイトはWordpressで作っています。
このサイトの方は設置後に少しずつカスタマイズして行こうと思っていたんですが、今は記事の更新が中心でカスタマイズは全く進んでいません。
ホントならイラストやマンガのギャラリーを作ったり、作品リスト作ったりした方がいいんですけど、それらはWordpressの固定ページの方で構築するべき部分でもあるので、テーマの編集をしたいなぁ、なんて思いながらもう二年くらい手を付けていません(;´∀`)……

去年だったと思うけど、少しはWordpressのカスタマイズが楽になるのかな、と思ってWordpress対応だと書いていたから買ったホームページビルダー(Ver18)でしたが、既存のテーマの編集ができるわけではないので、結局通常のHTMLエディタのような使い方しかしていない状態。でもHTMLエディタとして使おうとすると、正直あまり使い勝手がいいとは思えなかったんです。

少し横道にそれますが、自分が手を出したホームページ制作ソフトの変遷について少し…

  • 初めて買ったのは、COSAICというホームページ作成ソフトでした。ちなみにMac版です。
    WYSIWYG型でそれなりに高機能だったんですが、なにせメーカー価格が198,000円とバカ高…。
    ほんとに、買って激しく後悔したソフトでした。実際に購入した価格はもっと安かったですが、それでも十数万…。最初にHTMLの基礎をかじってでもいたら、絶対買わなかったソフトでした。
  • 次に手を出したのは、Adobe PageMill。メーカー価格は29,800円で、Adobeの他のソフトよりかは遥かに安い価格設定でした。これは初心者向けですが実に使いやすかった。2.0でHTML編集に対応して値段も二万円を切ったので、Macユーザーではこれを使っている人は多かったと思います。
  • その後、Macromedia時代のDreamweaverを使うようになりましたが、Director ShockwaveやFlash Shockwaveなどで一斉を風技したMacromediaが本当に面白かった頃でした。
    Macromedia Directorにハマった頃が大体1996年位からでしたが、Dreamweaverが登場したのが1997年末、ほぼ同じ頃にFlashが登場した頃でした。
  • GoLive CyberStudioをAdobeが買収してAdobe GoLiveになったのが、1999年。その頃にDreamweaverとGoLive両方使っていましたが、最終的にGoLiveが肌に合っていたのかGoLive派になりました。ちなみにこの段階ではまだMacをメインで使っていたので、Photoshopのバージョンアップに合せてCreative Suite Premiumを導入。CSにGoLiveが入っていたので、バージョンもGoLive 7 (CS)に移行しました。その後2005年にMacromediaはAdobeに買収されてしまうんですが、その頃にはWindowsに移行したタイミングでもあったので、Adobe Creative Suite2.0を導入。そちらにもGoLiveが入っていたので当然GoLiveを使用しました。

    ところが、AdobeはDreamweaverをどうするんだろう…と思ってたところ、GoLiveの方を捨ててDreamweaverが残ることとなってしまいました。CSを丸々バージョンアップするのは結構高く付いたので、そのままCS2を使い続け、Dreamweaverへの乗り換えもせずに長い間GoLiveを使い続けていたんですが、GoLiveのサポートも終了した上に、Windows7では正常に動作せずだましだまし使うしか手がなくなってしまい、流石にGoLiveを使い続ける意味がなくなってしまいました。

    本来ならここでDreamweaver導入というのが筋なんでしょうけど、機能と価格と使用頻度を秤にかけて躊躇し続けた結果が今に至ります。

  • 今はWordpress中心なので、地道に情報収集しながらいじっていますが、それに加えて学校の卒業制作作品集のCD-ROMを作るのに手っ取り早いのはやはりHTMLだということで、シンプルなHTMLエディタが欲しい、と思って手を出したのが、ホームページビルダーでした。
  • でも自分の思ったのと違っていたので、今年のまとめディスクは別の奴使ってみようと「HTMLエディタ フリー」でぐぐって見つけたのが、「Microsoft Expression Web 4」でした。

さて、長々と変遷を書いてしまいましたが、早速ソフトをダウンロードしてインストール。去年のデータを開いてみました。20150219-01個人的には、かなり使いやすく感じました。ろくに使い方を調べずに触ってみただけでも、それなりに機能が理解できるのはなかなかです。
レイアウト画面で、直接個々のタグ編集を行えるのが結構助かります。HTMLコードと併記しての編集も楽だし、サイトで管理するのもやりやすそうです。

なかなかの高機能で無料とはすごい太っ腹~…と思ってましたが、アプリケーションのバージョン情報見たら2012年…。なるほどこの「Microsoft Expression Web4」…既に開発終了しているから無料配布だったんですね。
でも現時点で自分の欲しい機能はだいたい揃っているみたいだし、今回はこれ使って大体の所はなんとかなりそうな感じです。

でも、本筋の部分でもあるWordpressの方はもっと真剣に色々と勉強しないと、どうにもこうにもなりそうにありません。
奥が深すぎて道はちと遠そうです(;´∀`)。