十二支一巡分の絵馬

愛媛県松山市の道後温泉の近くにある延喜式内社の「伊佐爾波神社」。こちらの絵馬の原画を担当してもうかれこれ20年以上になります。
開始時期はかなり昔なのでハッキリ覚えていませんが、十二支を二巡はしているような気がします。

昔は描いた原画を直接送って、それを元に看板屋さんが大きく伸ばして描いていました。
やがてその原画がデジタルとなったんですが、それでもプリントアウトして看板屋さんが描くというスタイルは数年前まで続いていたので、原画はアニメ調の色塗りにして作業しやすいようにグラデーションは使わないようにしていました。
やがて耐候性の大型プリンタを使うことになったので、自由に色を使って描けるようになりました。

来年の絵馬の原画も先日「奉納」した所です。


改めて、来年の「申」の絵馬を含めて十二支の一巡分をまとめてみました。

2005年(平成17年)乙酉

2005年(平成17年)乙酉

2006年(平成18年)丙戌

2006年(平成18年)丙戌

2007年(平成19年)丁亥

2007年(平成19年)丁亥

2008年(平成20年)戊子

2008年(平成20年)戊子

2009年(平成21年)己丑

2009年(平成21年)己丑

2010年(平成22年)庚寅

2010年(平成22年)庚寅

2011年(平成23年)辛卯

2011年(平成23年)辛卯

2012年(平成24年)壬辰

2012年(平成24年)壬辰

2013年(平成25年)癸巳

2013年(平成25年)癸巳

2014年(平成26年)甲午

2014年(平成26年)甲午

2015年(平成27年)乙未

2015年(平成27年)乙未

2016年(平成28年)丙申

2016年(平成28年)丙申

というわけで、十二支一巡分です。しかしなんというかテイストがバラバラですね(^_^;)。
できるだけありきたりにならないようにと思って、結構時間かけて基本的なアイディア考えているので毎度ギリギリでご迷惑をかけています。ごめんなさいですm(_ _;)m

おっとそういえば、「干支一巡分だ~」って最初書いてたんですが、「干支」を「十干十二支」だと思われたら、一巡だと60年かかので、まだまだまだまだ一巡には程遠いですwww

バックアップデータ引っ張りだしたらもっと昔のものも出てくるかもしれないけど、ちょっと所在がわからないので、もし見つけたら再度まとめてみようかな。手書き時代だと、高い率でラフさえ残ってないと思うので、デジタル化以降のものはせめてまとめておきたいなぁ(^_^;)。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>